運動前に行う動的ストレッチとは…

ストレッチには静的ストレッチと動的ストレッチの2種類があります。

静的ストレッチとは、よくマットの上で行うグーッと時間をかけてじょじょに伸ばしていくストレッチです。
対して動的ストレッチは体を動かしながら反動を使って伸ばすストレッチです。

静的ストレッチは体の緊張がほぐれてリラックスする効果があるので練習後や就寝前に行います。
静的ストレッチを運動前に行うとパフォーマンスが落ちる実験結果もあります。

動的ストレッチは関節の動きを円滑にして可動域を広げ、筋肉の収縮性がアップする為、運動前のストレッチに向いています。

そのため、皆さんにはアップ時に動的ストレッチを是非取り入れてもらいたいと思います。

では早速、基本的な動的ストレッチを4つ、動画で紹介します。

一つ目は歩くように右足左足を出していきます。右足が前に出たら両手で右足を触り、左足が前に出たら両手で左足を触る。リズミカルに反動をつけてやりましょう。

二つ目はなるべく大股で歩き腰を落として、股関節を伸ばすストレッチです。
膝がつま先より前に出ないようにします。

三つ目は足を蹴り上げ、逆の手で触る股関節のストレッチです。前傾にならないよう注意します。
こちらも歩くようにリズムをつけてやりましょう。

四つ目は腰と太腿のストレッチです。片手は壁や手摺に掴まりバランスを崩さないようにします。その手とは逆の足を振り子のように降ります。

今回紹介したのは基本的な動的ストレッチです。
他にも種類はたくさんありますのでいろいろ試してみてください!

⇒静的ストレッチはコチラ

 小学生かけっこ教室【特別編】


 短距離走 講習会


 αランナーズ無料練習会
短距離走から長距離走、ストレッチ講座、エクササイズなどの練習会を開催しています。
入会費、年会費などは無料ですので、どなたでもお気軽にご参加ください。
練習日程はコチラ

 走りの相談窓口
速く楽に走る方法をアドバイスします!走っている動画をお送りいただき、フォーム修正のアドバイスから今後のトレーニングメニューもお伝えします。対面での指導も承っています!
走り相談はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

工夫を疎かにして努力に逃げるな。
学生時代は陸上部で毎日ひたすら走り込みをしていました。 しかし努力とは裏腹に記録が伸びず、「走ることは結局才能なんだ」と思っていました。 しかし大人になってから走ることを本気で研究。自分がいかに知識不足だったかを痛感。 今は週に1回程度の練習ですが、100mの自己ベストを更新し続けています。 この経験から私が学んだことは次のことです。
"上達するには努力ではなく工夫すること。 工夫を疎かにして努力に逃げた者は上達しない。 努力はみんなしている"
誰もが正しい努力を出来るように知識と考え方を多くのランナーにお伝えしていきたいと思っています!