速く走る3つの基本動作

母子球から着地する


短距離走を走るときは踵は地面につけません。踵着地では重心より前に足を着地させてしまいがちでブレーキとなります。また、踵から足裏全体、足裏全体からつま先と地面についている過程が長くなり、地面との摩擦も大きくなります。
短距離走では指の付け根の母指球で重心の真下に着地させることでスピードの出る走りとなります。

スイング時は踵をお尻にくっつける


足を後方から前方に持ってくる時は踵をお尻にくっつけるようにします。
足の軌道は腰を軸とした半円運動です。軸となる腰から足が離れれば離れるほど、足を前に持ってくるのに大きな力を必要とします。
素早いピッチを手に入れるために踵をお尻にくっつけて前方に持ってくるようにしましょう。

着地時は両膝を横一直線に揃える


着地時に次の一歩となる足の膝が着地足より後ろにあると、その分が次の一歩を振り出す遅れとなります。
足が地面を離れてから素早く前に持ってきて、着地時には両膝が揃うようにします。
そうすることでロスなく次の一歩を振り出せるとともにまた、両膝が揃っている状態が一番力の入りやすい状態ですので次の一歩を大きく踏み出すことが出来ます。

一流選手フォーム分析

 小学生かけっこ教室
大貫とシダパンのダブル講師

 短距離走フォーム講習会
短距離走 初級者〜中級者向け
 短距離走走り込み練習会
筋肉が震えるオールアウトを経験! 短距離走の初心者から上級者までご参加お待ちしております!



 セルフケアを学ぶストレッチ講習会
日常生活からの肩コリや腰痛、運動後の疲労回復、怪我の予防/処置まで身体のケアに関する基礎知識をストレッチを通して学んでください!