CATEGORY 一流選手フォーム分析

【一流選手比較】桐生祥秀選手フォーム 広いストライドの理由

日本人史上初の9秒台となる9.98秒を記録した桐生祥秀選手のフォームを分析していきましょう!まずは他の10.0〜10.1台の選手とデータを比較してみます。桐生選手は身長176cmに対し平均ストライドが212.3cmと非常に広いです。その広いストライドの理由の一つが背中の使い方です。足が地面から離れる瞬間の臀部から背中にかけての反り具合に注目します。

短距離走トップ選手の走りから学ぶ

ウサイン・ボルト選手、タイソン・ゲイ選手、アサファ・パウエル選手を始め、世界のトップ選手の走りを至近距離で見れる動画です。今回はトップ選手の走りから気付く点を挙げていきましょう!「①足が地面についている時間が短い。」地面に設置した瞬間に全体体重が着地した足に乗ります。つまり重心移動が物凄く速いということです。