CATEGORY 筋肉トレーニング

腸腰筋トレーニング。短時間でサッと追い込む筋トレ

段差を使った腸腰筋トレーニングをご紹介します。 腸腰筋の役割は、足を後方から前方に持ってくる動き、腿を上げる動きをメインとして走りに大変重要な働きをしてくれます。 まずはトレーニングの動きを動画で確認しましょう。 それで…

大腰筋の伸長反射を利用して走る。100mの後半に強くなるトレーニング

筋肉は勢いよく伸ばされる刺激に対して収縮する伸長反射という反射反応があります。

大腰筋の働きで言えば、足が着地して地面から離れるまでの間に大腰筋が目一杯伸ばされ、地面を離れた瞬間に大腰筋が勢いよく収縮。その収縮によって腿が素早く上がる仕組みが”大腰筋の伸長反射を利用する”ということです。

腹筋トレーニング12種類 “腹筋1,000回イベント”

ランナーの観点から見ても腹筋を鍛えておくのは大切です。身体がぶれないように支えるというの周知の事実ですが、着地した衝撃を受け止める働きもあるんです。
衝撃を体幹部分の筋肉で受け止められないと、背骨が衝撃を吸収してしまい、せっかくの地面からの反発を次の一歩に活かせないという非常に勿体ない現象が起きるのです。

下半身、体幹補強トレーニング -段跳び ジャンプ5種-

本メニュー後に行う、下半身及び体幹の補強練習「段跳びジャンプ5種」をご紹介します。 体幹が鍛えられていれば走っている最中、身体がブレるというタイムロスをなくすことは当然ですが、足が地面に着地した際の衝撃を体幹で受け止める…

雨の日も出来る!ランナー向け 家トレーニング

走りに重要な体幹部分と腸腰筋のトレーニングをご紹介します!人間の胴体は、胸部分にはあばら骨がありますが、その下から腰までは内臓しかありません。その為、腹筋や背筋など胴体を取り巻く、体幹部分の筋肉を鍛えておかないと走っている最中に身体がブレてしまいます。