1. HOME
  2. ブログ
  3. 競技力を向上させるランニングフォーム!骨盤を使って効率の良いエネルギー伝達を!

競技力を向上させるランニングフォーム!骨盤を使って効率の良いエネルギー伝達を!

今回は少し上級向けのランニングフォームについて解説します。

腕の振り方や足の着地の仕方など、いわゆる身体の末端部の動きがある程度洗練されており、末端は無意識で走れる方に是非挑戦してもらいたい動きです。

末端の動きが出来たら中心部の意識

次なるレベルは体の中心部、胴体部を動かす意識となります。
胴体部の中でも今回は骨盤にフォーカスしてお伝えします。

骨盤を動かすというとあまりイメージが出来ない方もいらっしゃるかと思いますが、実は訓練を積めば骨盤を自由自在に動かすことが出来るのです!

骨盤を動かすことが出来ると、足の根元から動力を伝えることが出来るので、体力効率が非常に良く、それでいてパワフルに走ることができます。

実はこの理論。ランニングだけでなく、100m走などの短距離走、さらには野球のバッティング、サッカーのシュートなど、ほとんどの動きに応用することがができます。

これがタイトルにあった競技力を向上させるランニングの意味となります。

骨盤を動かすには

骨盤を動かして走ると言ってもいきなりランニングをしながら意識するのは不可能です。

まずは動き作りから実践して段々と歩きから、そしてゆっくりのランニングへと段階ごとにステップアップしていく必要があります。

こちらの動画で骨盤ランニングについて詳しく解説していますので、ご覧ください。

骨盤の動かし方について、実践できましたでしょうか?

骨盤動き作りについて、さらに噛み砕いた動画がこちらになりますので、前回の動画で難しいと感じた方はこちらの動画もご覧ください!

関連記事

「うちで踊ろう」をスタブロで奏でる

Twitter でフォロー

短距離選手、必見のノウハウを公開!質の高いトレーニングを積む為の土台となる知識を解説!

ハラケンチャンネル

新感覚陸上競技大会!

ケンちゃんスタート解説!

一流選手フォーム分析

ピックアップ記事

 100m10秒台チャレンジ企画!YouTubeにてスタート!
陸上ハラケンチャンネルはコチラ

 短距離走フォーム講習会
短距離走の基本を学び、90分でフォームが改善します!

 短距離走走り込み練習会
筋肉が震えるオールアウトを経験! 短距離走の初心者から上級者までご参加お待ちしております!


 ランスタ50m参戦!目指せ5秒台!
ハラケンチャンネルでは視聴者様も参加できるイベントを発信していきます!

ブログ統計情報(2017.11〜)

  • 1,405,864 アクセス
 スポンサー様を募集しております
陸上界を牽引する存在として今後も走り続けますので応援宜しくお願いします! FIND-FC

怪我やパフォーマンスにお悩みのある方はアスリート特化のコンディショニングサロン”ON YOUR MARKS”へご相談ください。

大腰筋強化スーツでスプリント強化!