1. HOME
  2. ブログ
  3. ダニエルが摂取しているサプリメントについて!の巻き

ダニエルが摂取しているサプリメントについて!の巻き

どうもみなさん!おはこんばんにちは!ダニエルです!

緊急事態宣言が解除されて、外での練習を再開した方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

僕は千葉に住んでいるので、まだまだ解除されなそうな雰囲気。。。

でも仕事もない分、好きな練習ができるため、意外と感謝していたりしていなかったり。

コロナの危険性さえなければ、陸上に没頭していられる環境だなと個人的には思いました。

休業保証や給付金も出るので一安心。

今は競技場も開いていないので、ひたすらに公園で坂ダッシュや階段ダッシュなどをメインにやっています。

推進力がない僕にとってはいい機会だったのかもしれません。

ダニエルが摂取しているサプリメント

さてさて、そろそろ今回の本題に入っていきましょう!

僕が摂取しているサプリメントについてです。

僕もたまにサプリメントなに摂ってますかと聞かれることがあります。

サプリメント。みなさん摂っていますか?
体に悪そうなイメージを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

サプリメントを摂って下してしまう、イマイチ効果がないような気がする。

確かにそうですよね。お値段もけっこうする。。。

個人的に僕は先ずは食生活をきちんとして、サプリメントはあくまで補助というふうに活用していかなければあまり効果がないと感じます。

どうしてもサプリメントだけでは成長はできない。僕自身実証済みで、腹は減るし、ガッツもでない。。。笑

車で例えるなら、普段の食事がガソリン。サプリメントが添加剤といった感じですかね。

いくつかサプリメントをご紹介していくのですが、普段の食事もちゃんと気をつけています。

僕の食生活については、前回のブログで話しているので、まだご覧になってない方はぜひ見てみてくださいね。

普段の食事に加えて摂っているサプリメントは先ずはプロテイン。

食品添加物や、人口甘味料を極力減らしたいため、味なしのプロテインを飲んでおります。

摂取タイミングは練習前と練習後と就寝前ですね。

練習前はWpi。

ハチミツと一緒に飲んでおります。ハチミツは練習前の糖分補給。そして胃に負担がかからないようにするために、脂質を含んでいるものを避け、尚且つ、わざと練習中に吸収されるように飲んでおります。エネルギーが枯渇するタイミングを失くすためですね。なるべく筋肉の分解がおこらないようにするためでもあります。

どうしても筋肉って鍛えるとダメージが入って、分解されてしまうので、素早く栄養補給をしてあげれば、ダメージを最小限に抑えることができると思い、いっそのこと練習中のエネルギーとしても使いやすいように練習前に飲んでおります。

そして練習後。
練習後はやはり疲れた体への補給として飲んでいます。ハチミツも一緒に。

練習後になると、練習前に飲んでいたプロテインも吸収されて、胃の中には残っていないと思うので、食欲が湧かないけど、補給したいということでこのタイミングでも飲んでおります。

ちなみに練習前や練習後は吸収が早いためWpiのプロテインを飲んでおります。

(Wpiはプロテインの製法。いろんな製法がありますが、最も胃に負担をかけず、極力、他の配合物を避けたのがWpi。プロテインや牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする人は乳糖不耐症の場合があり、その乳糖も含まれていない。たんぱく質含有量も多め。)

次に就寝前にwpiとはまた違ったカゼインプロテイン。

カゼインプロテインとはなんぞや?って感じですよね。僕も最初はそうでした。

このプロテインは8時間程かけて、緩やかに吸収され続けるんです。

即効性はないですが、食事が摂れないときなどに役立ちます。
この先何時間も食事が摂れないタイミングもみなさんもあるんじゃないでしょうか。

就寝中はもちろんですよね。起きて食べてまた寝るなんてできませんよね。しかも就寝中は身体も休まってて、エネルギー源補給にはもってこいのチャンス。

なので、僕はこのタイミングでカゼインプロテインを飲んでおります。

ちょっとした豆知識なのですが、

就寝中は身体は休まっている状態で、このタイミングで胃に負担がかかる脂っこいものを食べてしまうと、身体は休まっているのに、胃だけが働いてる状態になり全然休まりません。

寝ているときって、脳の血流がよくなるのですが、消化する際に胃にも血流が必要になりますので、就寝中は充分に胃に血流
がいかず、胃が疲れてしまうということに。

血流って、行動によって身体の一部に集中してしまうことがあり、同時に血流が集中してしまうことをすると良くないんです。

食後の運動もそうです。

胃の中のものを消化するために胃に血流が必要なのに、身体を動かすと筋肉に血流がいってしまうので、うまく消化できずにお腹が痛くなるという感じです。

少々話しがずれてしまいましたが、次に青汁。

青汁はビタミンやミネラルが豊富ですよね。

もちろん食事中に野菜も摂っていますが、それだけでは補えない栄養素もあるので毎日欠かさずに飲んでおります。
摂取タイミングは食事と一緒に。

あとはクレアチン。(hmbが一緒に配合されているもの。hmbについては後で説明しますね。)

クレアチンはですね、くせ者ですね。笑

瞬発力を発揮するために必要なものですが、サプリメントとして摂取すると筋肉がつりやすいという方もいます。

僕の場合は下しましたね。笑

どうもクレアチンは大量の水分と一緒に摂った方がいいらしいです。
その方が筋肉もつらないし、下しもしない。
一度に多量に摂取せずに小まめに摂るといいそうです。

前回Twitterでお話ししましたが、お茶との飲み合わせはよくないと思います。
お茶は水分補給にはならず、デトックス作用があるので、クレアチンでつらないように水分補給するどころか、人によっては水分不足で足がつりやすくなると思います。

僕はいつも持参している水筒に入れて、チマチマ飲んでいます。

するとあら不思議。下さないんですよ。

あと実は、クレアチンって体内でもつくられるそうです。
たまーにクレアチンのサプリメントはお休みをしておいた方が、体がつくってくれる機能を保ってくれるそうです。

あとはお肉やお魚さんに多く含まれていますね。(おしゃかなしゃん。。。おしゅしたべたい。。。)

あとは最近は筋トレを解禁したことでhmbを摂りはじめました。

Hmbは筋肉をつくるのに必要な栄養素で、プロテインにも含まれています。
が、しかし、プロテインに含まれるhmbは量が少なく、hmbを集中的に摂りたいよっていう方は別にサプリメントで摂取しているそうです。その方が筋肉が付くんだとか。。。

僕もその話しを聞き、試してみるか!って思って飲んでる最中です。

筋肉のつき具合については。。。よくわかりません。笑
もう少し試してみますね。

あ、そうそう。
サプリメントと言えば面白い話しがあって、僕が普段からお世話になっている方の知り合いの方のお話しなのですが、

けっこうガチムチな方で、日頃から筋トレをしている方がいらっしゃるらしいのですが、

その方はbcaaのサプリメントを飲んでいるそうで、それを透明な袋に入れて持ち歩いているそうです。

ある日街中を歩いていると、警察に呼び止められ、荷物検査をされたそうです。

そのときの会話が、
警察「ちょっと荷物失礼しますね。」

ガチムチの方「はい。」

警察「これなに?」と透明な袋に入っているbcaaを取り出す。

ガチムチの方「bcaaです。」

警察「bcaa?新しい麻薬?」と疑う。

ガチムチの方「いや、麻薬じゃなくて、bcaaです。」

警察「正直に言いなさい。」

ガチムチの方「いや、だから、bcaaですってば!!!」とキレたそうです。笑笑

絶対にアミノ酸の一種とは説明しなかったそうです。。。笑

みなさんもサプリメントを持ち歩くときは注意してみてくださいね。笑

僕が飲んでいるサプリメントはこんな感じですね!

ぜひみなさんも参考にしてみてくださいましまし!

ではでは!

ダニエルのTwitter
https://twitter.com/Danniel42013316?s=09

ダニエルのInstagram
https://www.instagram.com/vdtf100.200?r=nametag

ハラケンチャンネル(ダニエル9秒台宣言)
https://youtu.be/hErR3VT3nQ4

関連記事

「うちで踊ろう」をスタブロで奏でる

Twitter でフォロー

短距離選手、必見のノウハウを公開!質の高いトレーニングを積む為の土台となる知識を解説!

ハラケンチャンネル

新感覚陸上競技大会!

ケンちゃんスタート解説!

一流選手フォーム分析

ピックアップ記事

 100m10秒台チャレンジ企画!YouTubeにてスタート!
陸上ハラケンチャンネルはコチラ

 短距離走フォーム講習会
短距離走の基本を学び、90分でフォームが改善します!

 短距離走走り込み練習会
筋肉が震えるオールアウトを経験! 短距離走の初心者から上級者までご参加お待ちしております!


 ランスタ50m参戦!目指せ5秒台!
ハラケンチャンネルでは視聴者様も参加できるイベントを発信していきます!

ブログ統計情報(2017.11〜)

  • 1,405,751 アクセス
 スポンサー様を募集しております
陸上界を牽引する存在として今後も走り続けますので応援宜しくお願いします! FIND-FC

怪我やパフォーマンスにお悩みのある方はアスリート特化のコンディショニングサロン”ON YOUR MARKS”へご相談ください。

大腰筋強化スーツでスプリント強化!