1. HOME
  2. ブログ
  3. 一番多い質問「どうしたら足が速くなるのか」に回答

一番多い質問「どうしたら足が速くなるのか」に回答

「昔はこんなに足が遅かった自分が今では100m10秒台!」

こんな引きつけるタイトルのノウハウが最近はSNS上に溢れてきているが僕も類に漏れず、そういった情報発信者の一人だ。
世の中の大半は100m10秒台ではないし、陸上部の大半は100mを10秒台で走りたがっている。
見られてなんぼの情報発信者。

だから僕も堂々と言わせてほしい。

「学生時代は11秒77で引退。32歳で1秒上げて10秒77」

気合じゃ足は速くならない

僕は中学、高校と陸上部に所属しており、技術など何も考えずひたすらガムシャラに走っていた。
速く走る方法は、いかにダイナミックに、いかに回転数を上げて動かせるか。これに尽きる、と信じて毎日の練習を全力でこなしていた。

結果、学校ではそこそこ足の速い一般学生として幕を閉じた。

そして27歳から再び始めた100m。
昔と違ってインターネット上に情報が溢れ、その恩恵を受けて29歳にして10秒97と人生初の10秒台をマークした。

センスのない奴は学ばなければ速くならないことを知る。

自分の足を速くする方法は自分で探すしかない

陸上系YouTuberとして活動していることもあり、有難いことに毎日多くの方からDMで走りのアドバイスを求められる。

それら何百件と溜まったDMの99%は返信が出来ておらず申し訳ないが、僕なんかの知識を出し惜しみするつもりは全くなく、僕の知識はYouTubeで毎週発信し続けている。

それでも「どうしたら足が速くなりますか」とDMを送ってくださる方たちにまとめてこの場で回答したい。

「YouTubeやSNS、人に会って勉強してください」

自分の足を速くする方法は自分で探すしかない。

僕のYouTubeでは日本代表選手やトレーナーがノウハウを出してくれており、他のチャンネルでも多くのノウハウに溢れている。
まずはそれらを見て学び、自分で試す。

そうして試行錯誤をしていくしかない。学びを怠ってはいけない。

「そんな幅広く学んでいる時間はない!今すぐ俺の足を速くするアドバイスをくれ!」
という方は誰かトレーナーさんにお金を払って自分専用のアドバイスをもらってほしい。

足が速くなる魔法の練習は存在しない

若い頃の僕も含め、よく陥りがちなのは「あの人は自分の足を速くする方法を知っている」と思い込み、その人からアドバイスをもらうことに躍起になって、自分の思考を停止させてしまう。

「お金を稼ぐ方法を教えてください」に近いものがある。

誰でも100m10秒台で走れる方法があるのなら、陸上部の大半は10秒台になってしまう。
そんな魔法のノウハウは存在しない。

今僕は100m日本代表の川面聡大選手と毎週練習をさせてもらっているが、日本代表選手も特別な練習をしているわけではない。

腿上げやスキップ、バウンディング。そしてひたすら100mを走る。
メニュー自体に何も珍しいことはないが、とにかく考える。

一本走る毎に感覚のフィードバックをし、次はこれを意識すると一本毎にテーマを決める。

もちろん考える為には知識が必要だ。
繰り返しになるが、知識はSNS上に散らばっている。それらを収集する努力を惜しまず、試し続ける努力も惜しまない。
僕はそれが速く走る方法だと思う。

魔法の言葉に騙されるな

「お金を稼ぐ方法を教えます。スキル無しでも稼げます」
この類の言葉はお金がなく精神的に参っている人の気持ちにはよく刺さる。

ただこの手の情報商材を買ってもロクなことにならない。

100mでも同じことが言える。
「誰でも100m10秒台で走れる方法」「3ヶ月で0.5秒上げる方法」
等、これらの情報商材も”練習をいくら頑張ってもタイムを伸ばせない選手”の気持ちによく刺さる。

このような商材を買ってしまう方に言いたい。

「自分の思考を停止させるな」

この商材を買えば小難しいことを考えず、答えが手に入ると思ったら大間違い。
結局は自分で考えなければ自分の望むものは手に入らない。

そして考えるための情報は高い金を払わずともSNS上に転がっている。
確かにお金を払って誰かに教えてもらえれば近道になるケースは多い。

大事なことは情報の質ではない。受け取る側の思考力と行動力だ。

関連記事

30代の100m成長軌跡

社会人陸上BTP

走りノウハウ動画解説案内

Twitter でフォロー

走りを速くする基礎的な考え方

一流選手フォーム分析

ピックアップ記事

ブログ統計情報(2017.11〜)

  • 2,109,539 アクセス