1. HOME
  2. ブログ
  3. 2人用ストレッチ 長座体前屈が3分で3cmアップ

2人用ストレッチ 長座体前屈が3分で3cmアップ

2回はたった3分で長座体前屈が3cm深く出来るようになる二人一組の静的ストレッチを紹介します。

2人ストレッチその1

まず以下の写真のように手と足を地面につけます。

次に補助者が腰を後ろに引っ張って足に体重が乗るようにします。
この時、手のひらと踵が浮かないようにします。


↑この形で20秒キープです。
やってみるとわかりますが、腿の裏がかなり伸びます。

2人ストレッチその2

こちらのストレッチはマットを用意してください。
以下の画像のように膝、股関節、肩、肘の全ての角度が90度になるようにします。

この状態で補助者に腰を真下に押してもらいます。
すると膝がスライドして伸びていきます。
この時も、膝、股関節、肩、肘は90度の角度を維持するようにします。

半ズボンでやると膝がなかなかスライドしないので、長ズボンでやることをオススメします。

こちらも20秒間補助者に押してもらいます。

ストレッチはある程度スライドしやすい床の上で行うと効果が高まるので、ストレッチ専用のマットを使うことをオススメします。

静的ストレッチの注意点

この2つのストレッチをやった後、長座体前屈をやってみてください。
いかがでしょうか?いつもより深く曲げられませんか?

静的ストレッチは20秒カウントで行います。
ゴムをイメージして頂くとわかりやすいですが、短時間引っ張っても離せばすぐに元の長さに戻ってしまいます。
しかし長時間引っ張り続けることですぐには元の長さより長いままになります。
筋肉も同じ原理なので20秒程度の長い時間伸ばし続けることが大切です。

ストレッチの継続効果は4時間と言われています。
そのため朝、昼、夜と1日に3回行うことが望ましいのですが、仕事をしている方はなかなか難しいと思うので、お風呂上りや練習後に行うようにしてください!

ストレッチは筋肉の温度が低い状態で行うと無理矢理引き延ばすことになるので、痛めやすくなります。
その為、ストレッチを行うタイミングはお風呂上りや、練習後の筋肉が温まっている時が良いとされているのです。

ストレッチで柔軟性を高めておけば、疲労物質が溜まりにくくなり、翌日に疲れが残らないようになります。
また、関節の可動域が広がっていれば、練習時に身体にかかる負担を軽減できるので、ケガの防止にも繋がります。

習慣になるまでストレッチは面倒と思われがちですが、練習を継続的に続けていく為には必要なことなので、毎日決まった時間に行うようにして習慣化してしまいましょう!

一人用静的ストレッチはコチラ

関連記事

Twitter でフォロー

シダパンとのコラボ企画!

一流選手フォーム分析

ピックアップ記事

 小学生かけっこ教室
大貫とシダパンのダブル講師

 短距離走フォーム講習会
短距離走 初級者〜中級者向け
 短距離走走り込み練習会
短距離走 中級者〜上級者向け



 セルフケアを学ぶストレッチ講習会
日常生活からの肩コリや腰痛、運動後の疲労回復、怪我の予防/処置まで身体のケアに関する基礎知識をストレッチを通して学んでください!