CATEGORY フォーム研究(長距離)

蟹股走り/内股走り デメリットと改善方法

蟹股(O脚)や内股で走ると、前へ進もうとする力が左右に分散されてしまい、せっかくの地面からの反発を逃してしまうことになります。 これは短距離でも長距離でも同様で、スピードが出ないとともにエネルギーロスのある走りと言えます…

走りの相談窓口
短距離からマラソンまでアドバイス致します

走りの動画をお送り頂き、具体的にフォームの修正箇所およびベストなトレーニングメニューをお伝え致します。 今よりタイムを縮めたい、怪我なくこれからも長い間走り続けたい。そんなニーズにお応えします! 過去の実績 小学2年生 …

ハードルドリル -空中でも重心は保ち、着地後は重心移動を素早く-

走るうえで重心を保つ(重心を安定させる)のは非常に重要です。それは足が着地している時だけでなく、両足が宙に浮いている時もです。重心が保てていないと腰が引けた姿勢になり、後ろ方向にベクトルが向いてしまうデメリットに加え、離地の際の蹴りにも力が入りにくくなります。しかし、重心を保てているかというのは走っている最中では自覚しにくいので、今回はハードルを使って重心確認をするドリルを紹介します。

腕振りで上半身と下半身を連動させる。ランニングの基本

速く楽に走るには肩甲骨を意識して腕降りをする。とは雑誌などでもよく言われていますが、肩甲骨を意識するとはどういう意味なのでしょうか。一言で表すと、上半身と下半身を連動させて身体全体で走るということです。実はこの連動をさせるために腕降りが重要な役目を担っているのです。今回はランニングの腕降りについてご説明をします!

胸を張るのと猫背はどちらが正解?骨盤の前傾と後傾についても解説!

胸を張るフォームと猫背のフォーム。この2つのフォームの明確な違いは骨盤の傾きです。骨盤が前傾していればストライドが伸びますが、骨盤が後継していると前方に足を伸ばせません。これがわかってもレース後半まで維持できないのが長距離の難しいところです。今回はレース後半まで骨盤の前傾を維持できる方法も説明します。

3種類の着地「ヒール着地」「ミッドフット着地」「フォアフット着地」

ドラマ「陸王」で話題になっているミッドフット着地。 ケガを機に茂木選手がヒール着地からミッドフット着地にフォームチェンジしていく話ですが、果たしてミッドフット着地は本当にケガ予防になるのでしょうか? その昔、ホモサピエン…

走りにリズムをつける大切さ

走りには強調させた方が良い部分と悪い部分があります。これらをリズムに付けることにより、アクセントを出して無駄な力が入らない走りを実現していきます。リズムの付け方も解説いたします。

一軸走法と二軸走法 徹底比較!

線の上を走る一軸走法か。線を跨ぐ二軸走法か。
それぞれにメリットがあります。どちらが良いとは一概には言えませんので、内容を知った上で自分に合うのか判断してみましょう!