1. HOME
  2. ブログ
  3. 短距離走練習メニュー ウェーブ走

短距離走練習メニュー ウェーブ走

ウェーブ走とは簡単に言えばペースを上げ下げして走る練習です。
距離に決まりはありませんが、400mを例にご説明します。

ウェーブ走400m×4

1本目
0m~100m:ハイペース
100m~150m:流し
150m~400m:ハイペース

ウェーブ走

2本目
0m~150m:ハイペース
150m~200m:流し
200m~400m:ハイペース

2本目
0m~200m:ハイペース
200m~250m:流し
250m~400m:ハイペース

3本目
0m~250m:ハイペース
250m~300m:流し
300m~400m:ハイペース

400mの中に50mの流しをいれて、一本毎に50mずつずらしていきます。

セット間の休憩は10分ほどですが、息が完全に整うまで取ります。

練習のポイント

流しの部分は一気にペースを落とすのではなく、ハイペースの状態から力を抜いてスーッと流れるように走ります。
ハイペースに切り替えるときも、いきなり力をグッと入れるのではなく、3秒くらいかけてスーッとじょじょにペースを上げていきます。

疲れてフラフラになって、ハイペースと流しのメリハリが曖昧になりすぎてしまうとウェーブ走の意味がありません。
レストを長くしたり、本数を少なくしたりして、ダレない強度に調整しましょう。

練習の効果

ペースの上げ下げは体への負担が想像以上に大きいです。
その為、主に心肺系のトレーニングとして用いられます。

一度流しまでペースを落としてからペースを上げるというポイントも、スパートの練習としての効果があります。

単純に400mを走るよりもはるかに強度が高いので、筋持久力向上の効果も期待できます。

50mの流しの位置を変えることにより、練習のマンネリを防ぐと同時に、レースの様々な展開に対応をしやすくなります。

強化練習の部類に入るメニューですので、入念なアップとストレッチをしてから行いましょう!

⇒短距離練習の構成方法はコチラ

関連記事

Twitter でフォロー

シダパンとのコラボ企画!

一流選手フォーム分析

ピックアップ記事

 短距離走フォーム講習会
短距離走 初級者〜中級者向け
 短距離走走り込み練習会
短距離走 中級者〜上級者向け



 小学生の本気のかけっこ教室
講師2人体制の贅沢な少人数かけっこ教室!
今後のトレーニングの質が別格になる効果絶大の2時間です!

 セルフケアを学ぶストレッチ講習会
日常生活からの肩コリや腰痛、運動後の疲労回復、怪我の予防/処置まで身体のケアに関する基礎知識をストレッチを通して学んでください!