1. HOME
  2. ブログ
  3. 上半身の横ブレを腕振りで改善する! 

上半身の横ブレを腕振りで改善する! 

身体が横にぶれると前へ進む力が左右に逃げてしまうデメリットに加えて地面からの反発が100%もらえなくなってしまいます。

体がぶれているかの一つの判断基準は、走りを真横から見たときに胸や背中が見えてしまっているかどうかです。


↑真横からの写真ですが、左手を前に振ったときは胸が完全に見えており、右手を前に振ったときは背中も見えています。

横ブレをしている選手の特徴は肩から腕を振ってしまっていることです。
肩が体の軸より前に持っていかれれば当然それにつられ身体が横にぶれてしまいます。

腕振りで横ブレを改善する

ということは肩を固定して腕を振れれば上半身の横ブレは抑えられるということです。
肩から振らないためには肩を固定しようと意識するのではなく、腕を前に振ったときに身体から離しすぎないことです。


↑身体から手が離れている


↑身体の近くで手が振れているので肩や上半身のブレがない

また同時に脇も開かないように注意します。
脇が開いていると腕振りから得られる推進力も軽減されてしまい、左右に力が逃げやすくなります。

横にも前にも身体の近くで腕を振った方がメリットがあるということですね。

関連記事

Twitter でフォロー

シダパンとのコラボ企画!

一流選手フォーム分析

ピックアップ記事



 短距離走フォーム講習会
短距離走 初級者〜中級者向け
 短距離走走り込み練習会
筋肉が震えるオールアウトを経験! 短距離走の初心者から上級者までご参加お待ちしております!


シダパン禊!道連れイベント!
100m11秒台企画で次の挑戦をするべく禊をすることになってシダパン。
200m×10本のオーバワークに皆さんもお付き合いください!
シダパン禊詳細