皇居ラン 夏はランナーズハイ!

今回は7人の参加で皇居ラン!

桜も散り、花見客も居酒屋に帰った様子。

もう半袖半ズボンでいけちゃいますね!

暑くなってくると走るのがツライと思いがちですが、いざ走ってみるととても清々しいんですよね。

長時間走っていると脳内でエンドルフィンという物質が分泌されるんです。

このエンドルフィンが走っていて気分が高揚してくる状態、いわゆるランナーズハイの原因とされていました。

しかし最新の研究では大麻と同様の働きをする脳内物質、内因性カンナビノイドの影響ではないかと言われるように。

ドイツ、ハイデルベルク大学医学部の研究チームによる最新の研究によれば、遊びとして走った後のマウスでは、エンドルフィンとの両方の濃度が高まっているという。さらに、走った後は痛みを感じにくくなり、不安感が和らぎ気分が落ち着くという。

と、まぁ私も脳科学に詳しい訳ではないのに、わざわざ調べてまで専門分野を掘り下げてしまうのはやはりランナーズハイの影響でしょうか。

今日は久々に気持ち良く10kmを完走できました!

最後はメンバー全員が応援してくれて、マラソン大会を彷彿させるゴール!

内因性カンナビノイドが分泌されました!

毎回同じ10kmランニングというメニューでもメンバーが変わるだけで、様々なドラマがあるんですねぇ( ̄∀ ̄)

5月5日開催「腹筋1000回の筋トレ大会」に参加しないかとメンバーに声かけまくったんですけど、なかなか集まらないんですよね 笑

みんな殻破りましょうよ!!

今年の夏はライザップに負けない追い込みをかけていきましょう!

 小学生かけっこ教室【特別編】


 短距離走 講習会


 αランナーズ無料練習会
短距離走から長距離走、ストレッチ講座、エクササイズなどの練習会を開催しています。
入会費、年会費などは無料ですので、どなたでもお気軽にご参加ください。
練習日程はコチラ

 走りの相談窓口
速く楽に走る方法をアドバイスします!走っている動画をお送りいただき、フォーム修正のアドバイスから今後のトレーニングメニューもお伝えします。対面での指導も承っています!
走り相談はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

工夫を疎かにして努力に逃げるな。
学生時代は陸上部で毎日ひたすら走り込みをしていました。 しかし努力とは裏腹に記録が伸びず、「走ることは結局才能なんだ」と思っていました。 しかし大人になってから走ることを本気で研究。自分がいかに知識不足だったかを痛感。 今は週に1回程度の練習ですが、100mの自己ベストを更新し続けています。 この経験から私が学んだことは次のことです。
"上達するには努力ではなく工夫すること。 工夫を疎かにして努力に逃げた者は上達しない。 努力はみんなしている"
誰もが正しい努力を出来るように知識と考え方を多くのランナーにお伝えしていきたいと思っています!