短距離練習レポート 10秒台選手からの100m講座

今回の練習会は、ひろりん先生による100m講習です!

“100mを分割して考える”というのは聞いたこともあるかと思いますが、ここまで具体的な指導は初めてでしたので大変勉強になりました!

d6803b_a0a81c8f34234397a24bfc6faea0c29d~mv2_d_4032_3024_s_4_2

加速区間:スタート〜30m
疾走区間:30m〜60m
減速区間:60m〜100m

以上の3つに分けます。

実はこの方法、前にひろりん先生から教えてもらっていて記事に書いたことがあります!

ですので、続きはこちらをご覧ください!笑
http://arunnerz.blog.fc2.com/blog-entry-98.html 

他に教えてもらった腕振りについては確かに!と思うところがありました。

人間の片腕って体重の1/16程度と言われていて、つまり体重60kgの人の片腕は約3.75kg。

これを後ろに振る力って結構な疲労になるんですよね。
それなので腕を後ろに振りすぎると60m〜の減速に拍車をかけることに繋がるのだそうです。

大貫と多田修平選手の腕振りを図図しくも比較させて頂きました。

d6803b_f79a9e321784421581d73a3a817c8ef4~mv2

どちらも一番後ろに降っている時の瞬間です。
確かに多田選手と腕の引き具合が全然違いますよね…。
これは修正していこうと思いました^^;

その後はいつもの体幹トレーニング。
じょじょに大貫含め皆さん出来るようになってきましたよね!
僕も最近は常に筋肉痛であり続けられるように、筋肉痛が治ったら筋トレのループを続けています!

d6803b_2d19a1fb4ed7443fb94a2ee32474127e~mv2_d_3024_4032_s_4_2

ダウン後のストレッチで、木川から
「舌を伸ばすと可動域が上がる」
と、謎のアドバイス…。

舌を伸ばすことで喉の筋肉が伸びてなんたらかんたらという理論らしいです。
皆さんからの結果報告お待ちしております!笑

 小学生かけっこ教室【特別編】


 短距離走 講習会


 αランナーズ無料練習会
短距離走から長距離走、ストレッチ講座、エクササイズなどの練習会を開催しています。
入会費、年会費などは無料ですので、どなたでもお気軽にご参加ください。
練習日程はコチラ

 走りの相談窓口
速く楽に走る方法をアドバイスします!走っている動画をお送りいただき、フォーム修正のアドバイスから今後のトレーニングメニューもお伝えします。対面での指導も承っています!
走り相談はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

工夫を疎かにして努力に逃げるな。
学生時代は陸上部で毎日ひたすら走り込みをしていました。 しかし努力とは裏腹に記録が伸びず、「走ることは結局才能なんだ」と思っていました。 しかし大人になってから走ることを本気で研究。自分がいかに知識不足だったかを痛感。 今は週に1回程度の練習ですが、100mの自己ベストを更新し続けています。 この経験から私が学んだことは次のことです。
"上達するには努力ではなく工夫すること。 工夫を疎かにして努力に逃げた者は上達しない。 努力はみんなしている"
誰もが正しい努力を出来るように知識と考え方を多くのランナーにお伝えしていきたいと思っています!