CATEGORY フォーム研究(短距離走)

上半身の横ブレを腕振りで改善する! 

身体が横にぶれると前へ進む力が左右に逃げてしまうデメリットに加えて地面からの反発が100%もらえなくなってしまいます。 体がぶれているかの一つの判断基準は、走りを真横から見たときに胸や背中が見えてしまっているかどうかです…

100m走ペース配分。10m毎のラップ計算ツールと測定方法

100mは大きく3つの局面に分かれます 加速区間:スタートから加速していき、最高速度に達するまでの区間 疾走区間:最高速度が出ている区間 減速区間:段々と速度が落ちてくる区間 一流選手のほとんどは最高速度に達する距離が6…

着地時に重心を捉えるドリル。短距離走のフォーム修正

着地した瞬間に腰を乗せる動きはなかなか意識しづらく修正するのに苦労されている方も多いと思います。しかし重心を捉えた着地ができれば自分でもスピードが上がるのが実感できるくらい効果があります。今回は重心を捉える動きを身体に覚えさせるドリルをお伝えしていきます!

大腰筋の伸長反射を利用して走る。100mの後半に強くなるトレーニング

筋肉は勢いよく伸ばされる刺激に対して収縮する伸長反射という反射反応があります。

大腰筋の働きで言えば、足が着地して地面から離れるまでの間に大腰筋が目一杯伸ばされ、地面を離れた瞬間に大腰筋が勢いよく収縮。その収縮によって腿が素早く上がる仕組みが”大腰筋の伸長反射を利用する”ということです。

走りの相談窓口
短距離からマラソンまでアドバイス致します

走りの動画をお送り頂き、具体的にフォームの修正箇所およびベストなトレーニングメニューをお伝え致します。 今よりタイムを縮めたい、怪我なくこれからも長い間走り続けたい。そんなニーズにお応えします! 過去の実績 小学2年生 …

正しいスタンディングスタート!立ち幅跳びの姿勢を応用

スタートの姿勢は人それぞれですが、一歩目を踏み出す瞬間はみんな同じ姿勢になります。利き足は後ろに引いて地面を蹴る用意を。反対の足は軽く曲げて、姿勢を低くする。スタートが鳴ってからは利き足で地面を蹴り、身体を前に倒して加速していく。そうであれば無駄なモーションは入れず、最初からその姿勢で待っていれば良いという単純な理論です。

短距離走トップ選手の走りから学ぶ

ウサイン・ボルト選手、タイソン・ゲイ選手、アサファ・パウエル選手を始め、世界のトップ選手の走りを至近距離で見れる動画です。今回はトップ選手の走りから気付く点を挙げていきましょう!「①足が地面についている時間が短い。」地面に設置した瞬間に全体体重が着地した足に乗ります。つまり重心移動が物凄く速いということです。

ハードルドリル -空中でも重心は保ち、着地後は重心移動を素早く-

走るうえで重心を保つ(重心を安定させる)のは非常に重要です。それは足が着地している時だけでなく、両足が宙に浮いている時もです。重心が保てていないと腰が引けた姿勢になり、後ろ方向にベクトルが向いてしまうデメリットに加え、離地の際の蹴りにも力が入りにくくなります。しかし、重心を保てているかというのは走っている最中では自覚しにくいので、今回はハードルを使って重心確認をするドリルを紹介します。