CATEGORY フォーム研究(短距離走)

走りの相談窓口
短距離からマラソンまでアドバイス致します

走りの動画をお送り頂き、具体的にフォームの修正箇所およびベストなトレーニングメニューをお伝え致します。 今よりタイムを縮めたい、怪我なくこれからも長い間走り続けたい。そんなニーズにお応えします! 過去の実績 小学2年生 …

正しいスタンディングスタート!立ち幅跳びの姿勢を応用

スタートの姿勢は人それぞれですが、一歩目を踏み出す瞬間はみんな同じ姿勢になります。利き足は後ろに引いて地面を蹴る用意を。反対の足は軽く曲げて、姿勢を低くする。スタートが鳴ってからは利き足で地面を蹴り、身体を前に倒して加速していく。そうであれば無駄なモーションは入れず、最初からその姿勢で待っていれば良いという単純な理論です。

短距離走トップ選手の走りから学ぶ

ウサイン・ボルト選手、タイソン・ゲイ選手、アサファ・パウエル選手を始め、世界のトップ選手の走りを至近距離で見れる動画です。今回はトップ選手の走りから気付く点を挙げていきましょう!「①足が地面についている時間が短い。」地面に設置した瞬間に全体体重が着地した足に乗ります。つまり重心移動が物凄く速いということです。

ハードルドリル -空中でも重心は保ち、着地後は重心移動を素早く-

走るうえで重心を保つ(重心を安定させる)のは非常に重要です。それは足が着地している時だけでなく、両足が宙に浮いている時もです。重心が保てていないと腰が引けた姿勢になり、後ろ方向にベクトルが向いてしまうデメリットに加え、離地の際の蹴りにも力が入りにくくなります。しかし、重心を保てているかというのは走っている最中では自覚しにくいので、今回はハードルを使って重心確認をするドリルを紹介します。

走りにリズムをつける大切さ

走りには強調させた方が良い部分と悪い部分があります。これらをリズムに付けることにより、アクセントを出して無駄な力が入らない走りを実現していきます。リズムの付け方も解説いたします。

一軸走法と二軸走法 徹底比較!

線の上を走る一軸走法か。線を跨ぐ二軸走法か。
それぞれにメリットがあります。どちらが良いとは一概には言えませんので、内容を知った上で自分に合うのか判断してみましょう!