GOWILD 小学生ハードトレーニング

今日のGOWILDはハードトレーニングでした!

最初のジョギングからゴムチューブを付けて走るのが恒例化してきたのですが、これがなかなかキツイ。
腸腰筋と太ももがパンパンになります。

そこからの1kmダッシュですが、体感キロ4分半くらいのペースで駆け抜けます。これ小学2年生と3年生のペースですからね。なんと1kmの自己ベストは4分切るとのこと。

小学生ってこんな速く走れましたっけ?って感じです^^;

その後は変形ダッシュや立ち幅跳びなどいろいろやったんですけど、子供たちはゴムチューブが気になって仕方ない様子。

あまりにもゴムが好きすぎて全身に付けちゃってる子も。可愛い。笑

ということでゴムチューブも取り入れたサーキット練習をすることに!

ゴム装着ダッシュ → 立て幅跳び → ラダー → ミニハードル
これをエンドレスです!

子供は休みなく動いてる方が楽しいだろうなぁっと思ったことから始めたサーキットですが、自分がバテるという誤算です。

でも自分も子供に戻れた気がして本当に楽しいです。「ケンちゃんケンちゃん」と子供たちも慕ってくれるので講師というより友達のような感覚ですね!

これ毎日やりたい!!!

 小学生かけっこ教室【特別編】


 短距離走 講習会


 αランナーズ無料練習会
短距離走から長距離走、ストレッチ講座、エクササイズなどの練習会を開催しています。
入会費、年会費などは無料ですので、どなたでもお気軽にご参加ください。
練習日程はコチラ

 走りの相談窓口
速く楽に走る方法をアドバイスします!走っている動画をお送りいただき、フォーム修正のアドバイスから今後のトレーニングメニューもお伝えします。対面での指導も承っています!
走り相談はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

工夫を疎かにして努力に逃げるな。
学生時代は陸上部で毎日ひたすら走り込みをしていました。 しかし努力とは裏腹に記録が伸びず、「走ることは結局才能なんだ」と思っていました。 しかし大人になってから走ることを本気で研究。自分がいかに知識不足だったかを痛感。 今は週に1回程度の練習ですが、100mの自己ベストを更新し続けています。 この経験から私が学んだことは次のことです。
"上達するには努力ではなく工夫すること。 工夫を疎かにして努力に逃げた者は上達しない。 努力はみんなしている"
誰もが正しい努力を出来るように知識と考え方を多くのランナーにお伝えしていきたいと思っています!