ゴーワイルドアルファ 3月10日レポート

【トレーニングメニュー】

チューブランニング
ゴムチューブを両足につけてランニング。
後ろにある足を前方に持ってくる腸腰筋を始め、太ももの筋肉が鍛えられます。
すぐに身体が暖まるのでウォーミングアップに最適です。

ラダー
体重移動を正確に行うためのトレーニングです。
細かい足さばきを速いスピードで行うため、走る時の足の回転の速さ向上にもつながります。

50mダッシュ
50mダッシュを繰り返します。
全力疾走だけでなく、80%程度の速さで走りフォームも意識します。

ゴムチューブ牽引ダッシュ
ゴムチューブを付けて、パートナーを引っ張って走ります。主に太ももの筋肉が鍛えられ、地面を蹴る動きも身に付きます。
反対に走力の高い人に引っ張られて走ると、実力以上のスピードを体感できるので、神経系のトレーニングとしても用いられます。

鬼ごっこ
講師が鬼役をやり、タッチされたらその場で立ち止まります。タッチされた子は、他の子にタッチされれば解放され、再度逃げられます。決まった時間内を一人でも子供が逃げ切れれば子供の勝ちです。
体幹トレーニング
スタビライゼーションの姿勢を1分間維持します。体幹を鍛える理由は簡単に言うと、走っている最中に身体が横ブレしない為と、着地時の体重を腹筋で支える為です。

50mタイムトライアル
50mのタイムを計り、今の自分の実力を知ります。
トレーニングの目標が出来ると同時に、トレーニングの成果も実感できます。モチベーション維持には大切なトレーニングです。

今日は始まりから終わりまでずーっと動きっぱなしでしたね!

ゴムチューブを使っての牽引トレーニングでは身体面も神経系も鍛えられるので、陸上部でも取り入れられているハードなトレーニングです。

ただ子供たちは気に入ってくれたみたいですね!
おまけメニューの子供4人牽引はキツかった 笑
おかげさまで良いトレーニングになりました!

今日は50mを何本も走りながら短距離フォームの基本をお伝えしました。

①肘は伸ばさないで90度固定
②よそ見をせず前を向いて走る

まだまだお伝えしたいことはありますが、まずは一点ずつ確実に改善していきましょう!

実は今日、走りの撮影もして子供達に自分の走りを見せてあげたかったのですが、タイミング逃しました…。すみません。
次回に持ち越しですね^^;

来週のかけっこ教室では、フォームのポイントを詰め込んでお伝えすると思います。
今日お伝えしたことは実際に走りながら復習をして、頭の整理をしておきましょう!!

 小学生かけっこ教室【特別編】


 短距離走 講習会


 αランナーズ無料練習会
短距離走から長距離走、ストレッチ講座、エクササイズなどの練習会を開催しています。
入会費、年会費などは無料ですので、どなたでもお気軽にご参加ください。
練習日程はコチラ

 走りの相談窓口
速く楽に走る方法をアドバイスします!走っている動画をお送りいただき、フォーム修正のアドバイスから今後のトレーニングメニューもお伝えします。対面での指導も承っています!
走り相談はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

工夫を疎かにして努力に逃げるな。
学生時代は陸上部で毎日ひたすら走り込みをしていました。 しかし努力とは裏腹に記録が伸びず、「走ることは結局才能なんだ」と思っていました。 しかし大人になってから走ることを本気で研究。自分がいかに知識不足だったかを痛感。 今は週に1回程度の練習ですが、100mの自己ベストを更新し続けています。 この経験から私が学んだことは次のことです。
"上達するには努力ではなく工夫すること。 工夫を疎かにして努力に逃げた者は上達しない。 努力はみんなしている"
誰もが正しい努力を出来るように知識と考え方を多くのランナーにお伝えしていきたいと思っています!