1. HOME
  2. ブログ
  3. ゴーワイルドアルファ 3月10日レポート

ゴーワイルドアルファ 3月10日レポート

【トレーニングメニュー】

チューブランニング
ゴムチューブを両足につけてランニング。
後ろにある足を前方に持ってくる腸腰筋を始め、太ももの筋肉が鍛えられます。
すぐに身体が暖まるのでウォーミングアップに最適です。

ラダー
体重移動を正確に行うためのトレーニングです。
細かい足さばきを速いスピードで行うため、走る時の足の回転の速さ向上にもつながります。

50mダッシュ
50mダッシュを繰り返します。
全力疾走だけでなく、80%程度の速さで走りフォームも意識します。

ゴムチューブ牽引ダッシュ
ゴムチューブを付けて、パートナーを引っ張って走ります。主に太ももの筋肉が鍛えられ、地面を蹴る動きも身に付きます。
反対に走力の高い人に引っ張られて走ると、実力以上のスピードを体感できるので、神経系のトレーニングとしても用いられます。

鬼ごっこ
講師が鬼役をやり、タッチされたらその場で立ち止まります。タッチされた子は、他の子にタッチされれば解放され、再度逃げられます。決まった時間内を一人でも子供が逃げ切れれば子供の勝ちです。
体幹トレーニング
スタビライゼーションの姿勢を1分間維持します。体幹を鍛える理由は簡単に言うと、走っている最中に身体が横ブレしない為と、着地時の体重を腹筋で支える為です。

50mタイムトライアル
50mのタイムを計り、今の自分の実力を知ります。
トレーニングの目標が出来ると同時に、トレーニングの成果も実感できます。モチベーション維持には大切なトレーニングです。

今日は始まりから終わりまでずーっと動きっぱなしでしたね!

ゴムチューブを使っての牽引トレーニングでは身体面も神経系も鍛えられるので、陸上部でも取り入れられているハードなトレーニングです。

ただ子供たちは気に入ってくれたみたいですね!
おまけメニューの子供4人牽引はキツかった 笑
おかげさまで良いトレーニングになりました!

今日は50mを何本も走りながら短距離フォームの基本をお伝えしました。

①肘は伸ばさないで90度固定
②よそ見をせず前を向いて走る

まだまだお伝えしたいことはありますが、まずは一点ずつ確実に改善していきましょう!

実は今日、走りの撮影もして子供達に自分の走りを見せてあげたかったのですが、タイミング逃しました…。すみません。
次回に持ち越しですね^^;

来週のかけっこ教室では、フォームのポイントを詰め込んでお伝えすると思います。
今日お伝えしたことは実際に走りながら復習をして、頭の整理をしておきましょう!!

関連記事

Twitter でフォロー

シダパンとのコラボ企画!

一流選手フォーム分析

ピックアップ記事

 小学生かけっこ教室
大貫とシダパンのダブル講師

 短距離走フォーム講習会
短距離走 初級者〜中級者向け
 短距離走走り込み練習会
短距離走 中級者〜上級者向け



 セルフケアを学ぶストレッチ講習会
日常生活からの肩コリや腰痛、運動後の疲労回復、怪我の予防/処置まで身体のケアに関する基礎知識をストレッチを通して学んでください!