「大貫健太」の記事

短距離走のピッチを上げる”足を畳む走りとは”

足を後方から前方に持ってくる動きは腰を軸とした円運動です。 つまり腰から足が離れれば離れるほど、外側に引っ張られる遠心力が大きくなります。 当然その分、余計なエネルギーが増えますから本来もっと素早く持っていけるところが鈍…

短距離練習 サーキットバウンティング

残暑の候、猛暑続きの毎日ですが平成最後の夏ということで今回もきっちりと走り込みます。 社会人チームの風情かもしれませんが、肉離れやシンスプリントなど怪我に悩む選手が増えてきていますので、練習前の動的ストレッチ、水分補給は…

短距離練習レポート 100m加速走

今日は初参加2名を迎えての練習会。 陸上愛好家が増えることは喜ばしいですね! 今回のメインは10m+100mの加速走! 最近は短い距離の神経系のトレーニングが多かったので、たまには中間疾走を意識した加速走も取り入れてみま…

上半身の横ブレを腕振りで改善する! 

身体が横にぶれると前へ進む力が左右に逃げてしまうデメリットに加えて地面からの反発が100%もらえなくなってしまいます。 体がぶれているかの一つの判断基準は、走りを真横から見たときに胸や背中が見えてしまっているかどうかです…

短距離練習会-10m毎のラップ測定

本日は12人の参加!最近暑さがエグいことになっているので練習量を制限しないと肉離れなどの怪我のリスクが高まりますね。 と言いつつ本日も3時間キッチリと練習しました! 今回は50m走トライアルで10m毎のラップを取る自己分…

第一回目ゴーワイルド陸上競技大会

第一回目ゴーワイルド陸上競技大会は晴天に恵まれ大盛況でした! 初めての陸上競技場に子供達もテンション上がりまくりです! 今回のプログラムはこちら↓ ・50m走 ・100m走 ・800m走 ・短距離走講習会 ・長距離講習会…

走りの相談窓口 腰の位置を高くする

今回ご相談頂いたのは400m50秒を目標とされている19歳男性です。 まずはフォームから見ていきましょう! フォーム修正 腰の位置が低いのと足が後ろに流れているのが気になりますね。 身長が高いので腰の位置はもっと高く持っ…

走りの相談窓口 スタートで深い前傾姿勢を取るには。

今回ご相談頂きましたのは100mが現在11.7秒で11秒前半を目標とされている15歳の方です。 動画を拝見させて頂いた感想は、ストライドが広くダイナミックな走りですが、いまいちピッチが上がらない印象でした。 フォーム修正…