短距離走練習会レポート トーイングチューブ練習

本日は年初めの短距離走練習会です!

実はトーイング練習用のチューブを購入したんです!

誰かを引っ張る形で筋肉トレーニングとして使ってもいいのですが、今回は誰かに引っ張ってもらい、実力以上のスピードを体感するという神経系の練習を行いました。

スタートした瞬間にグンっと引っ張られ、足がいつもより前方に、そして素早く運べる感覚が味わえます!

ただこの引っ張る側は注意が必要です。
後ろの人が予想より早く追いついてきますので、その時チューブがたるんで足に引っかかって転びます。
私が身をもって体験しました。

20m~30mくらいの短い距離だけで行った方が良いですね。

そして本メニューは200m+100m!
200mを8割ダッシュ、100mJOG、100mを10割ダッシュです。

1本目のトップは木川で24秒。
ただ3本目には撃沈してました。

このインターバル後は全員が満身創痍…。
締めにリレーをやる予定でしたが、あまりにみんながバテているので中止 笑

年末年始のんびり過ごしすぎですね!

最後にチューブ補強と1分腹筋をやって終了。

この後、αで新年会を行いました!
なんだかんだα短距離チームで飲み会するの初めてなんですよね。

練習中はあまりプライベートのことを話し込むことがないので皆さんの話を聞けて楽しかったです!
大半は家庭円満の秘訣についての話題でした!

今年も宜しくお願いします!

 小学生かけっこ教室【特別編】


 短距離走 講習会


 αランナーズ無料練習会
短距離走から長距離走、ストレッチ講座、エクササイズなどの練習会を開催しています。
入会費、年会費などは無料ですので、どなたでもお気軽にご参加ください。
練習日程はコチラ

 走りの相談窓口
速く楽に走る方法をアドバイスします!走っている動画をお送りいただき、フォーム修正のアドバイスから今後のトレーニングメニューもお伝えします。対面での指導も承っています!
走り相談はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

工夫を疎かにして努力に逃げるな。
学生時代は陸上部で毎日ひたすら走り込みをしていました。 しかし努力とは裏腹に記録が伸びず、「走ることは結局才能なんだ」と思っていました。 しかし大人になってから走ることを本気で研究。自分がいかに知識不足だったかを痛感。 今は週に1回程度の練習ですが、100mの自己ベストを更新し続けています。 この経験から私が学んだことは次のことです。
"上達するには努力ではなく工夫すること。 工夫を疎かにして努力に逃げた者は上達しない。 努力はみんなしている"
誰もが正しい努力を出来るように知識と考え方を多くのランナーにお伝えしていきたいと思っています!