1. HOME
  2. ブログ
  3. ブランク明けの練習 スピードは落ちたのではなく隠れただけ。

ブランク明けの練習 スピードは落ちたのではなく隠れただけ。

体力というのは運動から離れればすぐに落ちます。長距離選手であれば3日で実感します。

スポンサーリンク

しかし、ダッシュのスピードはなかなか落ちません。ダッシュのスピードは落ちたのではなく隠れただけです。

つまり、ある程度運動をすればスピードはすぐに戻ります。

 

まずは体を痛めないようジョギングから始めましょう。

できればアスファルトでなく、土や競技場など地面が柔らかいところで走った方が、足を痛めず長い距離が走れます。同じところをグルグル走るのは多少飽きますが…。

ゆっくり5km〜10kmくらい走れれば十分以上です。
そのあと150mの流しを軽めのペースで3本ほどやりましょう。その時、現役時代の自分の走りをイメージしながら走るのが重要です。

練習前の動的ストレッチ。練習後の静的ストレッチ。疲労部分のアイシングは入念に行うようにしましょう。

 

これを週2回で2ヶ月もやっているとだいぶ体が楽になってきます。

 

その後にいよいよスピード練習です。

まずは150mを流しのペースで3本ほど行ってみましょう。
最後まで体力が持たなくても、後半の50mは楽にストライドを広げ気味で走ることを意識してください。

段々とスピードに慣れてきたら、ペースを上げるのではなく、距離を伸ばしてみましょう。

200m、300m、400mと流しのペースで走れる距離を伸ばしていきます。

いきなりダッシュをすると膝や足首などの関節を傷めやすく、慢性的なケガに繋がりますので、じっくりとスピードに慣れていきましょう。

αランナーズでも東京、神奈川でブランク明け選手多数の練習会を開催していますので、お気軽にご参加ください。

練習日程はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

Twitter でフォロー

シダパンとのコラボ企画!

スポンサーリンク

一流選手フォーム分析

ピックアップ記事

 100m10秒台チャレンジ企画!YouTubeにてスタート!
陸上ハラケンチャンネルはコチラ

 短距離走フォーム講習会
短距離走の基本を学び、90分でフォームが改善します!

 短距離走走り込み練習会
筋肉が震えるオールアウトを経験! 短距離走の初心者から上級者までご参加お待ちしております!


 ランスタ50m参戦!目指せ5秒台!
ハラケンチャンネルでは視聴者様も参加できるイベントを発信していきます!

ブログ統計情報(2017.11〜)

  • 1,085,489 アクセス

スポンサーリンク